洗顔石鹸の使い方を把握しよう『3つのステップ』

石鹸と一般の洗顔フォームの違い

普通の石鹸の場合

天然成分が配合されているので、肌のトラブルが生じやすい方でも不安に思うことなく気軽に使用することが可能です。そして、簡単に洗い流すことができるのも、石鹸の魅力の一つと言えるでしょう。

薬用の洗顔料

薬用の場合は肌を綺麗にしてくれる成分がたくさん含まれているので、改善することができるようになっています。また、料金もリーズナブルになっているので、学生のお小遣いでも買うことができるでしょう。

洗顔石鹸の使い方を把握しよう『3つのステップ』

石鹸

ぬるま湯で洗う

顔に洗顔石鹸を付ける前に一度は水で顔の表面についた油などを落とすとよいです。しかし、水があまりに冷たかったり、暑かったりすると、返って肌を傷つけることになってしまうので、ぬるめの水に調整するといいでしょう。

泡立てる

最近では、洗顔石鹸を泡立てるためのネットが100円くらいの値段で販売されています。そして、泡立った石鹸をやさしく肌につけるだけで汚れを取ることが可能です。ですので、力を込めて洗っていた方は洗い方を見直すといいでしょう。

1分を目安に

洗顔は短すぎてもいけませんが、長すぎても効果を得ることができないので、洗顔石鹸を泡立ててからだいたい1分を肝に命じておくことによって、表面についている汚れを確実に落とすことができ、綺麗な肌をゲットできるでしょう。

こすらないのが鍵

洗顔が終わると気が抜けてしまいついついタオルで強めに顔を拭いてしまうこともあるでしょう。そうすると、タオルの線維でお肌が傷つけられてしまう可能性があります。ですので、強く擦らずに優しく押さえるように水分を拭いていくとよいでしょう。

広告募集中