厄介な顔のシミができるメカニズムを知る

厄介な顔のシミができるメカニズムを知る

肌ケア用品

そもそも

顔のシミができる原因として、一般的に知られているのが、紫外線をまじかに受けることとされています。そして、紫外線から肌を守るために黒いメラニン色素ができる仕組みになっており、うまく排出できないものがシミと化してしまいます。

消せるシミもある

一口に顔のシミといってもいろいろな種類があり、老人性色素班や炎症性色素沈着、肝班というものがあります。これらは、セルフケアをすることによって、防ぐことができるので、日焼け止めを塗るなどの対策を取ると良いでしょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めにはSPFがあり、数値によって日焼け止めの効果が異なります。例えば、少し買い物に出るだけならAPF5から20で大丈夫です。しかし、海に泳ぎに行く時は少なくても30多くて50が適切だと言われています。長時間、日に当たる場合は定期的に日焼け止めを塗り直すと効果を持続できます。

広告募集中